子牛登記書の作成
耳標(個体識別番号)の装着(10桁)
生産履歴書の作成
BSE検査証明書の作成
[履歴データ蓄積]
書類保存
個体識別番号のラベル表示
トレース(足跡を追う)とアビリティ(出来ること)を合わせた言葉で、
追跡可能性(追跡が出来ること)と訳されます。
すなわち、生産の作業内容を追跡出来る事を意味します。

「10桁の個体識別番号または、ロット番号が消費者にわかる」ことを
最低条件として義務付けられた為、家畜(牛)に重複することのない
生涯唯一の個体識別番号を表示した耳表を付け、その後加工し店頭
に並ぶまで、個体識別番号と共に管理・識別する仕組みです。
● 食品に事故等が発生した場合、目標を定め、正確に素早く
   製品回収が出来る。

● 産地・生産者等の流通経路を追跡できるようにすることで、
   食品の安全性や品質・表示に対する消費者の信頼を確保する。
※ 個体識別番号を店頭の検索システムや、WEB上より検索し、どのような
   経路をたどってきたかを調べることができます。


   ご利用の際、下記の検索システムの「利用上の注意」に従って、適切な
   ご利用をお願い致します。
検索対象 ホームページ名 URL
松阪牛 株式会社 
三重県松阪食肉公社
http://www.mie-msk.co.jp/
三重の牛肉 三重の牛肉
生産情報提供システム
http://mie.lin.go.jp/anzen/index
その他の
国産牛肉
家畜個体識別システム http://www.id.nlbc.go.jp/top.html